これから日本の優秀な若者は、海外へ移住する

 
これから日本の優秀な若者は、海外へ移住する

4月から移民受け入れが開始された。これから5年間で34万人の移民が入ってくるという事だが、私の住む町では既に目に見えて外国人が多くなってきている。

これから日本はどうなってしまうのだろうか?

移民を受け入れた国はほぼ間違いなく失敗している。ヨーロッパ諸国を見れば明らかである。治安は悪化し、自国民と移民の間で対立が起き国内は混乱に陥る。

それに加え、日本のマスコミ、教育界、政界、その他主要な機関、及び企業は反日勢力に乗っ取られ、スパイ防止法もなく、憲法改正も実現できず、やられるがままになっている。

いまの日本を冷静に分析すると、悪くなる事はあってもよくなることは無いと言える。失われた30年と言われるように日本は、この30年間ほとんど経済成長していない。これからもよくなっていくことは無いだろう。

こういった状況を見て、日本の若者は海外へ移住するという選択をする様になってきている。

日本は生活費が高い

政治的な問題を抜きにして考えても、単純に日本は生活費が高い。給料だけを見れば他の国よりもまだ高い水準にあるが、家賃や物価が高いので生活は苦しいのである。

私は、地方都市に住んでいるのであるが、それを例に挙げてみる。

項目 費用
家賃(ワンルーム) 50,000円
光熱費 7,000円
食費 50,000円
車関係(税金,保険,ガソリン代等) 25,000円
通信費 8,000円
雑費 10,000円
合計 150,000円

私の場合地方都市に住んでいて、しかも単身世帯なのでこの程度で済んでいるが、首都圏であれば、毎月20万円は必要になってくるだろう。家庭を持っている人であれば30万円は必要かと思う。

これに対して、日本の労働者の年収の「中央値」は約360万円とされている。仮にひと月の収入を30万円とすると、保険や税金で約2割引かれるので手取り24万円。単身世帯であればなんとかなるかもしれないが、家庭を持っている世帯では生活が成り立たない。

平均年収・中央値は?正社員は?非正規は?まとめました! | 転職&仕事 マニア

税金も高く、年金は払っても返ってこない

今年の10月に消費税は10%に上がるのであるが、税金は消費税だけではない。日本では、消費税以外にも、所得税、住民税、年金、健康保険、酒税、たばこ税、ガソリン税、自動車税、固定資産税、相続税、贈与税等々、ありとあらゆるところに税金が課せられる。

特に若者が危惧するのが年金である。年金とは、「若いうちにお金を払っておけば、年を取った時にお金が返ってきますよ」というのが基本的な考え方である。サラリーマンであれば毎月の給料から約1割が厚生年金保険料として控除されるのであるが、それだけ高額な保険料を払っても、将来帰ってくる可能性が低いのである。

現在年金は65歳から受け取ることが出来るが、20~30年後には70歳あるいは75歳と引き上げられる可能性が高い。先日も、「年金だけでは不十分だから老後貯蓄を2000万円は用意する必要がある」というニュースがあった。

しかし、そもそもその年齢になる前に死んでしまう可能性も有るわけで、そうなった場合は1円も受け取れない。

健康保険料も高い。日本は少子高齢化で高齢者が多い国であり、これからもどんどん増えていく。病院に行くのは高齢者がほとんどであり、若者はあまり病院に行かないので、支払った保険料は主に高齢者が使うという仕組みになっている。

さらに外国人が不正に利用している問題もある。

海外に移住した方がメリットがある

こういった状況を見て若者は何を考えるだろうか?

1.日本の会社で働いても低賃金、長時間労働で、税金もたくさん持っていかれる。

2.今の時代フリーランスのエンジニアやYou Tuber、アフィリエイター、ブロガー等会社に頼らずに生きていく方法があるのでそれを目指そう。

3.それが達成出来たらどこでも仕事が出来るので、生活費の安い海外に移住しよう。

こういう発想になるのである。

実際に独立して仕事が出来るようになった若者は、海外へ移住している。

このままでは日本の人材は空洞化する

冷静に考えれば、将来に期待できない国に住みたいとは思わないだろう。そしてもっと快適に過ごせる国があれば将来的にはそこに移住したいと考えるのが普通である。

東南アジアの国々では、日本の半分以下の費用で同レベルの生活ができる。

加えて税金も安い、これから経済成長するので活気がある。こういった国に移住した方がメリットがあるので、これからも海外に移住する若者は増えていくだろう。

こうしたことが出来る若者というのは、優秀であることが多い。人手不足と言われる中で貴重な人材を海外へ流出させることになる。政府が今後も有効な政策を打たないのであれば、国内の人材は空洞化し、イノベーションを起こすどころか現状維持すらできず、日本はますます衰退していくと思われる。

これから日本の優秀な若者は、海外へ移住する