正しい休日の過ごし方

 
正しい休日の過ごし方

あなたは、休日に何をして過ごすだろうか。もちろん人によって様々であると思うが、私の場合は、もっぱら山に行くことにしている。

自然に触れることで良い効果がたくさんある

なぜ、山に行くかというと山が好きだからである。日常生活から離れて、木々に囲まれた山の中を歩くと心が落ち着き、嫌なことを忘れ、頭が空っぽになる感覚を味わうことが出来る。それに加えて体にいいことがいくつかある。

まず、山に行って自然に触れることで、マイナスイオンを浴びることが出来る。マイナスイオンとは大気中に存在する負の電荷を帯びた分子の集合体であり、ストレス軽減効果、リラックス効果、成長促進効果、寿命を延ばす効果等があるとされている。最近は家電メーカーがマイナスイオンを出す電化製品を多数販売しているが、そういった人工的なものではなく天然のものの方が、より高い効果があると思われる。

また、現代社会においては、仕事をする上で「集中力」が重要視されているが、それを取り戻す効果もあるとされている。特にサラリーマンをしている人は、日々たくさんの仕事を抱え、他人に振り回され、自分を見失っている人も多いのではないだろうか。その状態をリセットせずにそのまま日々仕事に向かっていると、どんどん「集中力」が無くなっていき、質の高い仕事が出来なくなる。この状態をリセットできるのが自然に触れる事である。

科学的にも証明されている

これらのことはいくつかの研究によっても報告されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

外遊びは、ストレス解消の仕方がまだよくわからない子どもたちにとって、貴重なストレス解消法です。
また、自然の中で遊ぶことにより、集中力を高めるために欠かせない前頭葉が発達するといわれています。

childmind.org

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5~18歳のADDを抱える500人を対象に、学校外のプログラムや週末の活動について調査を実施しました。彼らの親によると、屋外での活動をした後の方が、屋内での活動の後よりも集中力がより高いと述べています。特に木々や緑のフィールド等、より自然が多い環境での屋外活動後が、最も注意力の向上を見る事が出来ました。

www.additudemag.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山まで行くのが難しいという場合は、公園でも構わない。恐らくほとんどの人は近くに公園くらいはあるであろう。そこで景色を眺めながら30分歩くだけでも大分落ち着きを取り戻せるのが分かるはずだ。

自分に出来る範囲で自然に触れる

現代社会は、普通に生きているだけでストレスを抱え、心身ともに疲弊し、自分を見失いがちである。少しでも自然に触れる機会を意識的に作り、本来の自分を取り戻す作業を定期的に行うことは非常に重要である。

人によって生活環境はさまざまであるが、自分にできる範囲で自然に触れる機会を増やすと良いと思う。

古来から人間は自然の中で生きてきたのだから。

自然に触れることで、人間は本来の自分を取り戻せる